小野篁は閻魔王宮の役人であったという伝説が残っており、境内の裏庭にある井戸を冥界への入口として使っていたとされる。