皇室ゆかりの寺で、定子に仕えた清少納言は晩年をこの付近で過ごしたとされる。坂を上り境内に入ると、「夜を込めて~」の歌碑を見ることができる。

大門近くの山内図を見よう